採用情報

インターン経験者の声

夢の実現に向けて、0からのスタート。毎日がチャレンジです。

OKKOにインターンとして入ったきっかけはなんでしたか?

もともと乙女ゲームが好きで、将来は私の人生に様々な影響を与えてくれた乙女ゲームに関わる仕事をして、多くの人を感動させたいと思い、就職活動を続けていました。
しかし、OKKOに入る前は全くゲーム制作の経験も、専門的な勉強もしたことがなかったということもあり、なかなか就職活動がうまくいきませんでした。

そこで途中から、新卒からではなく、学生のうちからアルバイトの立場で現場に直接立たせていただくことで、とにかく実践経験を積み、乙女ゲームの仕事を理解したいと考えるようになりました。
そこから求人サイト等を見て、女性向け恋愛ゲームの制作と運営を主な業務のひとつに置いていたOKKOを見つけ、入りたいと思うようになったのがきっかけです。

具体的に現在担当してる業務を教えてください。

主に、乙女ゲームの立ち絵やアバター、イベントやゲーム本編のシステムの設定等の登録作業と、リリースしてからのゲームの運営、ユーザーサポートなどを担当しています。
時々データの集計などの事務的な仕事も任されることがあります。

また、入社した当初は一部の簡単な登録を任されていたのみでしたが、最近では業務経験も増えてきたため、一部プラットフォームにおいてのイベントの配信、運営全般を任されることもあります。
ゲームの登録以外にも、自社で運営している乙女向けソーシャルゲームアプリのポータルサイト「otomeapps」に載せるための記事を書いたりもしています。

OKKOでチャレンジしたこと、成長したことを教えてください

私にとっては、OKKOに入る前も入った後も、全てが「チャレンジ」だと思います。
就職活動中、アルバイトから好きな仕事への夢を追いかけると決めたのも、OKKOに入ると自分で決めて、面接に向かったのも全てが挑戦でした。
入った後も、あまりきちんと触ったことのないパソコンの業務に慣れず、基本操作から社員の方に教えていただきながら学び、家にいるときはタッチタイプの練習をしていって、入った当初よりは進歩が見られたのではないかと思います。

それと同時に、会社に入って業務をするということも初めてだったので、ビジネスについての考え方が入った当初はよく分かりませんでした。しかし、全体で定期的に行うミーティングなどで、会社の売上などを分析し、共有するという場も参加させていただき、自分で考えてみることで、こういったことも少しずつ成長できているのではないかと思います。
最初から今まで、そしてこれからも「チャレンジ」を続け、「成長」していく場が、私にとってのOKKOだと思います。

就職活動をする時や、就職が決まったのちに
OKKOに入ってよかったことはありますか?

私はずっと乙女ゲームに関わるような仕事がしたいと思っていたので、やはり私のした仕事が実際ゲームに反映されて、ユーザーに遊んでいただいているのを見ると、よかった、とほっとすると同時に嬉しい気持ちになります。
また、先ほども話題に出したミーティングですが、乙女ゲーム市場のことも教えていただける機会なので、とても勉強になりますし、そういった視点でも好きなもののことを考えられるようになるのは私にとっては嬉しいです。

それから、業務外のことですが、とても社員の方が皆さんあたたかいので、安心して入っていくことができました。ゲームが好きな方も多いので、時々そういったお話ができるのも、入ってよかったと思える点です。

最後に、将来OKKOでインターンをする方にメッセージをお願いします。

私がOKKOに入る前は、まったく専門的な知識もなく、0からのスタートでしたが、インターン中、たくさんの業務に関わらせていただいています。だから経験がなくても、「乙女ゲームが好き」という気持ちがあれば、ゲームの仕事に関われるということは、私が一番よく知っています。

もちろん楽しいだけではないお仕事ですが、それでもそういった強い気持ちがあれば絶対に乗り越えていけると思います。OKKOで一緒に働く方には、ぜひ大きな夢を持って、その夢に挑戦していってほしいと思います。
私たちと一緒に楽しい乙女ゲームを作って、人を楽しませたり、感動させたりするお仕事をしませんか?

他のインターン経験者の声
  • SAP事業部 管理サポートチーム インターン
  • マーケティング事業部 インターン
  • SAP事業部 管理サポートチーム インターン
  • SAP事業部 管理サポートチーム インターン
  • SAP事業部 管理サポートチーム インターン